土地有効利用・土地活用でアパート経営、賃貸マンション経営。土地相続の無料相談。
有効利用実例 建築現場レポート
コンサルタントに頼むメリット
取り組みスキーム
有効利用Q&A
市場調査は個人でも出来るのか?
アパートの仲介手数料についての疑問
アパート裏の土砂崩れの責任は?
有効利用用語集
   あ行
   か行
   さ行
   た行
   な行
   は行
   ま行
   や行
   ら行
   わ行

特定商取引法に基づく表示
定例会議集(全6回)

■第1回会議
実施日 平成17年8月30日(火)
AM10:00~PM12:00

本日練馬マンションの総合定例会議が行われました。
会議には設計会社、施工会社、オーナー様、当方が参加致しました。

この会議は

1,あいさつ
2,工事報告
3,近隣の方々からの意見
4,施工業者からの報告
5,当方からの報告
6,設計会社からの報告
7,調整事項

という順番で進んでいきました。

21.jpg 170830_01.jpg
会議写真1 会議写真2

この会議ではオーナー様が自分の意見を業者に主張することが
でき、ご自分の意志をマンションに反映させることができます。

ご自分の意志を最大限反映したマンションというのは、業者主導の
従来の方法では非常に難しいのが現状です。

自分の資産なのに自分の意志を反映させることができない
というのは非常におかしなことです。

私達はオーナー様の意志を第一に考え、さらに
的確なアドバイスをすることにより資産をさらに充実させる
お手伝いをしていけたらと考えております。

また、会議終了後、建設現場をオーナー様と見に行きました。

オーナー様とはいえ業者に遠慮して
普段一人では建設現場を見に行きづらいものです。

私達は、ご自分の資産が現在どの様な状況であるのかを
ご自分の目で確認して頂くということが非常に大切であると
考えておりますので、この日も建設現場の状況を見に行き、
担当者に進行状況をオーナー様に話してもらいました。

オーナー様も非常に満足しておられ、私達も安心致しました。

18.jpg 19.jpg
現場写真1 現場写真2

マンションの建設は着々と進んでいます。
現在は基礎工事の段階です。
建設現場は非常に活気があり、またその中に緊張感もありました。

この工事に携わっている者は皆
『より良いマンションをつくる』という気持ちで一致しています。

マンション建設地は静かな住宅街にあり、また複数の鉄道会社の駅が
周りにあるので非常に住みやすい環境であると言えます。

これから工事が進んでマンションの形ができあがってくるので
完成が非常に楽しみです。


■第2回会議
実施日 平成17年9月29日(木) AM10:00~AM11:00

場所   練馬区豊玉
出席者所属資産相談センター新日本建設/
都市デザインシステム
氏名曽根・柏倉・鈴木横山/家木

本日練馬マンションの第2回総合定例会議が行われました。
会議には設計会社、施工会社、オーナー様、当方が参加致しました。
この会議は

1,前回の確認
2,工事報告
3,近隣状況報告
4,施工業者からの報告
5,当方からの報告
6,設計会社からの報告
7,調整事項 という順番で進んでいきました。

170929_01.jpg
170929_02.jpg
会議写真1 会議写真2

議題の3番目の近隣状況報告ですが、
今回のマンション建設現場は住宅街のため
近隣の方々へのご迷惑を最低限に抑える為に、
騒音や砂埃等の状況を聞き、その声を反映させるよう努めています。
幸い周囲の方々からの苦情は無くご理解を頂いております。
マンションはそこに住む人だけのものではなく、
その街のシンボルにもなります。
ですので周囲の方々にご理解頂く事が非常に重要になります。

私達はオーナー様をはじめ居住者周囲の方々にとって
誇りとなるマンションを建てたいと考えております。

また今回は、お風呂の内装について決めました。
このマンションは1、2階・3、4階・5、6階の
3つの部分ごとにお風呂の内装を変えております。

これは各階にテーマを設けているからです。

従来の賃貸マンションの常識を覆すこの試みは、
担当している私達も住んでみたいと思う程洗練された
デザインとなっており、居住者の住み心地を第一に考えたものです。

170929_03.jpg
170929_04.jpg
現場写真1 現場写真2

会議終了後、建設現場をオーナー様と見に行きました。
工事は順調に進んでおり段々と基礎も出来あがり
どの様なものができあがるのかという形が見えてきました。

オーナー様の要望に応え、居住者にとっても
住み心地の良いマンションを造りあげていきたいと考えております。


■第3回会議
実施日 平成17年11月2日(水) AM10:00~AM11:00

場所   練馬区豊玉中
出席者 所属 資産相談センター 新日本建設/
都市デザインシステム
氏名 曽根・柏倉・鈴木 工藤さん/家木さん

本日練馬マンションの第3回総合定例会議が行われました。
会議には設計会社、施工会社、オーナー様、当方が参加致しました。

会議の流れは

1,前回の確認
2,工事報告
3,近隣状況報告
4,施工業者からの報告
5,当方からの報告
6,設計会社からの報告
7,調整事項

という順番で進んでいきました。

171102_01.jpg
171102_02.jpg
会議写真1 会議写真2

今回の定例会議では
ドアノブの形やキッチン周り、バスの色決めを行いました。

一言でドアノブと言っても非常に様々な形があり、
部屋の印象を大きく変える場合もあるくらい重要なポイントです。
そして、子供にとってもドアノブの形状は非常に重要です。
たとえば角がとがっているドアノブは
子供にとっては凶器に近く、子供がいる家庭にとっては
安心して室内で子供を遊ばせる事が出来ません。

今回私達は部屋の印象をシャープに見せ、かつ
子供にとっても安心な形のドアノブを選択いたしました。
また、キッチン周りの色に関しても
1、2階 3、4階 5、6階部分でそれぞれ色を変えました。
以前はキッチン周りは白色系統が人気でしたが、
最近では赤や青といった原色系の人気が高くなっています。
今回はそれぞれの階ごとにテーマを設けていますので
そのテーマにあった色を選択致しました。

この様にオーナー様が中心となり色決めや
テーマを決めていますので、従来のハウスメーカー主導とは違い、
オーナー様にとってマンションに愛着が非常にわいてきます。

本日もオーナー様の笑顔が非常に印象的でした。


■第4回会議
実施日 平成17年12月8日(木) AM10:00~PM11:00

場所   現場事務所
出席者資産相談センター松井・鈴木
新日本建設工藤さん
都市デザインシステム家木さん


本日練馬マンションの第4回総合定例会議が行われました。
会議には設計会社、施工会社、オーナー様、当方が参加致しました。

会議は

1,前回の確認
2,工事報告
3,近隣状況報告
4,施工業者からの報告
5,当方からの報告
6,設計会社からの報告
7,調整事項

という順番で進んでいきました。

定例会議は毎月1回行っている為、今年の定例会議は本日で最後です。
今回で4回目の定例会議ですので今まで3回定例会議を行っています。

これまでの会議を振り返ってみると、施主様・設計会社・施工会社
当方の4者が様々な意見を出し合ってきました。

お互いがそれぞれの見地から意見を出し合い、その意見を
様々な角度から判断することにより、よりよい賃貸物件が出来上がります。

賃貸物件を建てるというのはオーナー様にとっては非常に重大な決断です。

一大決心をして建てるのですからオーナー様の意思を
しっかりと反映したオーナー様にとって愛着のある建物にしたいと思います。

昨今、大家業が注目を集めています。

誰でも簡単に大家業で・・・といった類の本を
書店で見かけた方も多いのではないのでしょうか。

こういった本で成功した大家さんに共通しているのは、
自分の賃貸物件に対し愛着を持ち常に気を配っているという点です。

そういった大家さんからは自分の家やアパート・マンションは
自分の子供の様に可愛いといった事を聞きます。

私も段々と出来上がってくるこのマンションを見るたびに、
非常に感慨深くなります。

さて、来年このマンションはどういった表情を見せてくれるのか
今から非常に楽しみです!


■第5回会議
実施日 平成18年1月12日(木) AM10:00~PM11:00

場所   現場事務所
出席者資産相談センター松井・鈴木
新日本建設横山さん
都市デザインシステム家木さん
本日練馬マンションの第5回総合定例会議が行われました。
会議には設計会社、施工会社、オーナー様、当方が参加致しました。

会議は

1,前回の確認
2,工事報告
3,近隣状況報告
4,施工業者からの報告
5,当方からの報告
6,設計会社からの報告
7,調整事項

という順番で進んでいきました。


180112_01.jpg 180112_02.jpg
会議写真1 会議写真2

今回の定例会議では駐輪場の壁及び
ゴミ置き場について打ち合わせを行いました。

駐輪場はどのマンションや
アパートにあると言っても過言ではありません。

しかし、その大多数は屋根があるだけのものです。

壁が無く屋根だけの駐輪場の場合、
小雨や風が弱いときは問題はありませんが、
雨が強いときや風が強いときは横から雨が吹き込み
自転車が濡れてしまい乗るときに一苦労といった事になってしまいます。

そこで私達は、住人にとって真に住みやすい
住環境を提供することを第一に、駐輪場に壁を作り、
雨の吹き込みを防ぐことにしました。

これで雨の日も自転車が濡れてしまうことが無く、
快適に乗ることが出来ます。

また、ゴミ置き場についても住人にとって快適な
住環境をということでゴミの分別がし易く、ゴミが散らかって
不快な印象を住人及び近隣住民に与えないように
ゴミの種類によりケースを置くといった事を考えています。

定例会議終了後建設現場を見に行きました。

工事は着実に進んでおり、
各部屋も段々と表情が見えてきました。

180112_03.jpg 180112_04.jpg
現場写真1 現場写真2

この部屋で誰がどんな生活をする事になるのか、
住む側も貸す側も始めは緊張するかもしれませんが
お互い信頼関係を築き、よりよい生活を楽しむ事が
できたらと思っております。

完成まであとわずか!楽しみで仕方ありません!


■第6回会議
実施日 平成18年2月9日(木) AM10:00~PM11:00

場所   練馬区豊玉中
出席者資産相談センター松井・曽根・鈴木
新日本建設工藤さん
都市デザインシステム家木さん

本日第6回目の総合定例会議が行われました。

月に一度行われる総合定例会議ですが、今回で6回目ということは
初めての総合定例会議から半年が経ったということになります。

この半年で駐車場だった土地はデザイン性豊かな
地域のシンボルとなるマンションとなりました。

外観パース 外観工事写真


今回、このマンションの特徴は
1,2階・3,4階・5,6階の3層ごとにテーマを設け
内装を変えている事です。

まず、1,2階はナチュラルテイストにすることにより、
暖かみのある雰囲気を演出し、

3,4階はシンプルテイストとして
白を基調にシンプルモダンな雰囲気を演出しています。

そして5,6階はエグゼクティブ・モダンテイストとし、
高級感を演出しています。

この様に各層に特色を持たせる事により
それぞれの家族構成・年代・好みに合わせた部屋を選択でき、
従来の賃貸マンションと比べ、より充実した住環境で
自分のライフスタイルに合わせた生活を堪能する事が出来ます。

エグゼクティブモダンテイスト室内パース


エグゼクティブモダンテイスト浴室イメージ


昨今賃貸アパート・マンション経営は需要に比べ
供給が過多になってきています。

従来の様に画一的で他のアパート・マンションと
違いがない物件は、新築であっても空き室が目立つのが実情です。

今回私達がお手伝いをさせて頂いたこのマンションは
従来の画一的な賃貸マンションのイメージを根底から覆す、
各層ごとにテーマを持たせた内装を施しています。

この様に差異化をはかる事が
これからの賃貸マンション経営には重要となってきます。

現在は入居者の目も肥えてきていますので
オーナー様は入居者よりも1歩進んだ発想が必要になります。









株式会社 夢相続HPへ
関連サイト  | 株式会社 夢相続夢相続ブログ
株式会社 夢相続
〒103-0028 東京都中央区八重洲1-5-3 不二ビル5F
TEL: 03-5255-3388 FAX: 03-5255-8388 Email: info@yume-souzoku.co.jp
Copyright(c) 株式会社 夢相続 All Rights Reserved.
Supported by ホームページリニューアルセンター