土地有効利用・土地活用でアパート経営、賃貸マンション経営。土地相続の無料相談。
有効利用実例 建築現場レポート
コンサルタントに頼むメリット
取り組みスキーム
有効利用Q&A
市場調査は個人でも出来るのか?
アパートの仲介手数料についての疑問
アパート裏の土砂崩れの責任は?
有効利用用語集
   あ行
   か行
   さ行
   た行
   な行
   は行
   ま行
   や行
   ら行
   わ行

特定商取引法に基づく表示
HOME > コンサルタントに頼むメリット > なぜコンサルタントが必要か
なぜコンサルタントが必要か
コンサルタントとは、専門家の立場から相談にのったり、指導をしたりすることであり、
また、コンサルタントの立場で、企画立案をすることです。

賃貸物件のコンサルタントをするためには、
不動産や賃貸の知識や経験が豊富であることが必須条件であると言えます。

たとえば、土地を売却するときには
不動産業者に仲介を依頼するのが一般的です。

土地の売却では、単に買い主を見つけて
土地と現金を交換すればいいというものではありません。

大きなお金が動く契約ですから、事前に物件の調査が必要になります。

登記簿の確認や公図の確認から、用途地域や建ぺい率、容積率も調査し、
どういう建物が建てられるかということも説明が必要です。

また、契約書の作成や所有権移転登記の手配など、
さまざまな事柄をこなしていかなければなりません。

これを土地の所有者が独自にするには、
専門知識や経験が必要なこともあり、やはり大変です。

だからこそ、仲介手数料という報酬を払って
専門の不動産会社と宅地建物取引主任者に依頼するわけです。

売買は、売ってしまえば、そのときに取引が完結するものであり、
その後の買い主との関わりは生まれません。

あとは、譲渡税の申告さえしておけば
土地所有者にはリスクもなく、終えられることでしょう。

ところが、売買と比べてみると、
賃貸事業に取り組むときの方が様々な課題やリスクがあるのです。

まず、その賃貸事業自体が
必要であるか、どうかという、前提となる判断が必要です。

つぎに、どういう賃貸事業にするのか、店舗か、事務所か、住居か。

また、どういう間取りで、どういうタイプや構造や仕様が適しているか

事業資金はどうするか。

借入が必要であれば、どの程度、借りるか。

借入金利はどうか、返済は何年か。

さらに、設計はどこに依頼するのか、建築会社はどこを選択するのか、
管理会社はどこにするのか、などなど。

これだけをあげても、売買の場合と比べて、
いかに課題や決定事項が多いかがわかるというものですが、
ほとんど比較にならないほどです。

売ってしまえば完結するのとは違い、賃貸は長期事業なのです。

木造でも耐用年数は22年、鉄筋コンクリートの場合は47年と長く、
銀行からの借入も20年から35年というのが一般的です。

一度建てたら気に入らないからとか、
失敗したからと言って途中で投げ出すことはできないのです。

ここで気がつくことは、
売買は当たり前のように仲介手数料を払って専門家を頼むのに、
賃貸事業を始めるというときに、専門家を頼むという意識が少ない
ということです。

冷静に考えれば、賃貸物件を建てるときこそ、失敗はできないわけですから、
専門家にコンサルタントを依頼するべきではないでしょうか。

また、土地を持っている方が、不動産や賃貸の知識も豊富な
不動産のプロという場合はなんら心配はありませんが、
ほとんどの方はそうではないと考えます。

ならば、いくつもの課題やリスクがあるときに、ひとりでなにもかも判断して、
決めてしまうのは、あまりに無謀だと言えます。

そこで必要になるのが、有効利用のコンサルタントなのです。

長期事業を始めようかというときに、専門知識を持つコンサルタントが、
事業を見極めながら、進行をサポートしてくれるのであれば、
まずは成功への第一歩となります。

賃貸事業はなによりスタートが肝心ですから、
いろいろと検討してなるべくリスクの少ないものにしておくことは、
将来的に大きな価値が出てきます。

こういう大事なときこそ専門家の知恵を集めて、いいスタートをするために
コンサルタントのノウハウを活用すべきなのです。

さらに、相続や財産管理等という視点からも検討することが大切ですから、
それを踏まえた上で、有効利用も合わせてアトバイスをしてもらえる
コンサルタントを捜すことが理想的です。






ページトップへ
HOME > コンサルタントに頼むメリット > なぜコンサルタントが必要か


株式会社 夢相続HPへ
関連サイト  | 株式会社 夢相続夢相続ブログ
株式会社 夢相続
〒103-0028 東京都中央区八重洲1-5-3 不二ビル5F
TEL: 03-5255-3388 FAX: 03-5255-8388 Email: info@yume-souzoku.co.jp
Copyright(c) 株式会社 夢相続 All Rights Reserved.
Supported by ホームページリニューアルセンター