土地有効利用・土地活用でアパート経営、賃貸マンション経営。土地相続の無料相談。
有効利用実例 建築現場レポート
コンサルタントに頼むメリット
取り組みスキーム
有効利用Q&A
市場調査は個人でも出来るのか?
アパートの仲介手数料についての疑問
アパート裏の土砂崩れの責任は?
有効利用用語集
   あ行
   か行
   さ行
   た行
   な行
   は行
   ま行
   や行
   ら行
   わ行

特定商取引法に基づく表示
在来工法
在来工法とは

柱、梁、筋交い(柱と柱の間に斜めに入れる材)など、
木の「軸」を組み立てて建物を支える日本の伝統的な工法を「在来工法」といいます。

この「在来工法」は、「木造軸組工法」「在来軸組工法」「在来木造」「木造軸組」などの
様々な呼び方がありますが、その内容は基本的に同じです。

在来工法」の特徴としては次のことが挙げられます。


(1)鉄筋コンクリート製の「布基礎」(連続フーチング基礎)を採用し、
   土台と布基礎をアンカーボルトで緊結する。

(2)筋交いを入れて、プレート等で止めつけることにより、軸組全体を安定させる。

(3)壁材に構造用合板を採用する等により、壁に強度を与える。

(4)その他、材の接合部(仕口)に多様な金物を用いて、軸組全体を補強する。


これらの工夫により構造的に強い木造建築が初めて可能となりました。






株式会社 夢相続HPへ
関連サイト  | 株式会社 夢相続夢相続ブログ
株式会社 夢相続
〒103-0028 東京都中央区八重洲1-5-3 不二ビル5F
TEL: 03-5255-3388 FAX: 03-5255-8388 Email: info@yume-souzoku.co.jp
Copyright(c) 株式会社 夢相続 All Rights Reserved.
Supported by ホームページリニューアルセンター