土地有効利用・土地活用でアパート経営、賃貸マンション経営。土地相続の無料相談。
有効利用実例 建築現場レポート
コンサルタントに頼むメリット
取り組みスキーム
有効利用Q&A
市場調査は個人でも出来るのか?
アパートの仲介手数料についての疑問
アパート裏の土砂崩れの責任は?
有効利用用語集
   あ行
   か行
   さ行
   た行
   な行
   は行
   ま行
   や行
   ら行
   わ行

特定商取引法に基づく表示
HOME > マンションQ&A > 家賃の値下げ交渉について
家賃の値下げ交渉について
【質問】

一年前、私が借りているマンションの家主が替わりました。

私は、以前と同じ家賃で再契約したのですが、
最近になって家主交代後の同マンションの同じ階の家賃が
私のそれに比べて5000円安くなっていることを知りました。

家賃の値下げ交渉は可能でしょうか?



【回答】

質問にお答え致します。
契約を結んだ以上難しいかも知れません。

もちろん、借地借家法第32条により、
お客様と家主は互いに借賃増減請求権を有しています。

ですから、家賃の減額を
裁判所に請求する事は法的には可能です。

判決が下るまでの家賃は、お客様が妥当と考える金額
(上記を元にしますと、現在の家賃-5000円)を支払えばよいのです。

もし、家主が受取を拒否しましたら
お近くの法務局に同額を供託金として預けて下さい。

但し、減額請求が認められなかった場合、
お客様は今まで支払った家賃の他に、残額と残額に対して
支払日までの年1割の利子を支払う必要が生じます。

そこでいきなり裁判で争うのではなく、
まずは家主とじっくり話し合ってみられては如何でしょうか?

(担当:高下)




ページトップへ
HOME > マンションQ&A > 家賃の値下げ交渉について


株式会社 夢相続HPへ
関連サイト  | 株式会社 夢相続夢相続ブログ
株式会社 夢相続
〒103-0028 東京都中央区八重洲1-5-3 不二ビル5F
TEL: 03-5255-3388 FAX: 03-5255-8388 Email: info@yume-souzoku.co.jp
Copyright(c) 株式会社 夢相続 All Rights Reserved.
Supported by ホームページリニューアルセンター