土地有効利用・土地活用でアパート経営、賃貸マンション経営。土地相続の無料相談。
有効利用実例 建築現場レポート
コンサルタントに頼むメリット
取り組みスキーム
有効利用Q&A
市場調査は個人でも出来るのか?
アパートの仲介手数料についての疑問
アパート裏の土砂崩れの責任は?
有効利用用語集
   あ行
   か行
   さ行
   た行
   な行
   は行
   ま行
   や行
   ら行
   わ行

特定商取引法に基づく表示
HOME > マンションQ&A > 賃貸借契約の契約書について
賃貸借契約の契約書について
【質問】

賃貸借契約を結ぶ場合、
契約書を作成しなかったらどうなるでしょうか。


【回答】

土地や建物の一般的な賃貸借契約は
書面の作成など一定の様式に従う要式行為ではないので、
基本的な事項について合意が出来ていれば契約は成立します。

(定期借地・定期借家により契約を結ぶ場合は
 公正証書などの書面を作成する必要があります。)

しかし、口約束で契約書を作成しないままでいますと
後々のトラブルのもととなります。
契約書を作成しなかった事によりトラブルとなり
裁判となったケースもありますので作成される事をお勧め致します。

(担当 鈴木)




ページトップへ
HOME > マンションQ&A > 賃貸借契約の契約書について


株式会社 夢相続HPへ
関連サイト  | 株式会社 夢相続夢相続ブログ
株式会社 夢相続
〒103-0028 東京都中央区八重洲1-5-3 不二ビル5F
TEL: 03-5255-3388 FAX: 03-5255-8388 Email: info@yume-souzoku.co.jp
Copyright(c) 株式会社 夢相続 All Rights Reserved.
Supported by ホームページリニューアルセンター