土地有効利用・土地活用でアパート経営、賃貸マンション経営。土地相続の無料相談。
有効利用実例 建築現場レポート
コンサルタントに頼むメリット
取り組みスキーム
有効利用Q&A
市場調査は個人でも出来るのか?
アパートの仲介手数料についての疑問
アパート裏の土砂崩れの責任は?
有効利用用語集
   あ行
   か行
   さ行
   た行
   な行
   は行
   ま行
   や行
   ら行
   わ行

特定商取引法に基づく表示
HOME > マンションQ&A > 海外出張の間、部屋を貸したいが…
海外出張の間、部屋を貸したいが…

【質問】

6ヶ月の海外出張期間中、友人に
部屋を貸したいのですが問題ありませんか?


【回答】

民法では、賃借人は賃貸人の承諾を得なければ、
その賃借権を譲り渡したり、賃借物を転貸することが
できないものとされています。(612条)

また、これに違反して第三者に賃借物の使用又は
収益をさせたときは、賃貸人は契約の解除をすることが
できることになっています。(同条2項)

従って、貸主に無断で部屋を転貸することは
契約解除理由となるのが原則です。

今回の場合、単なる
「留守番」になるか
「転貸」になるかが問題になります。

期間や対価の支払いの有無などにもよりますが、
友人が生活の本拠として居住する場合は
転貸とみなされる可能性もあります。

期間が数ヶ月にも及ぶ場合には、貸主の承諾を得るべきでしょう。


(担当 小川)





ページトップへ
HOME > マンションQ&A > 海外出張の間、部屋を貸したいが…


株式会社 夢相続HPへ
関連サイト  | 株式会社 夢相続夢相続ブログ
株式会社 夢相続
〒103-0028 東京都中央区八重洲1-5-3 不二ビル5F
TEL: 03-5255-3388 FAX: 03-5255-8388 Email: info@yume-souzoku.co.jp
Copyright(c) 株式会社 夢相続 All Rights Reserved.
Supported by ホームページリニューアルセンター