土地有効利用・土地活用でアパート経営、賃貸マンション経営。土地相続の無料相談。
有効利用実例 建築現場レポート
コンサルタントに頼むメリット
取り組みスキーム
有効利用Q&A
市場調査は個人でも出来るのか?
アパートの仲介手数料についての疑問
アパート裏の土砂崩れの責任は?
有効利用用語集
   あ行
   か行
   さ行
   た行
   な行
   は行
   ま行
   や行
   ら行
   わ行

特定商取引法に基づく表示
HOME > マンションQ&A > 点検等で借主の部屋に入る必要があるが…
点検等で借主の部屋に入る必要があるが…

【質問】

ガスの点検等で貸室に入る必要がありますが、借主の許可は必要ですか?


【回答】

貸主は部屋を貸している間は、貸室を利用する権利がないと解されます。

所有者である貸主であっても、借主に無断で
貸室に立ち入った場合には住居侵入罪(刑法第130条)が成立します。

従って、貸主が定期的なガス点検等を理由に、
借主に無断で貸室に立ち入ることはできません。

しかし、いかなる場合でも無断で立ち入ることができないとすると、
ガス漏れや火災が発生した場合に対応がとれないことになりますので、
このような緊急の場合には借主の承諾なしに立ち入ることができます。

また、賃貸契約書に

「点検等の必要がある場合、貸室に立ち入ることができる」

と定められてある場合も、上記の緊急の場合に限られると
解釈されますので、原則的に無断での立ち入りはしない方が無難でしょう。

(担当 小川)





ページトップへ
HOME > マンションQ&A > 点検等で借主の部屋に入る必要があるが…


株式会社 夢相続HPへ
関連サイト  | 株式会社 夢相続夢相続ブログ
株式会社 夢相続
〒103-0028 東京都中央区八重洲1-5-3 不二ビル5F
TEL: 03-5255-3388 FAX: 03-5255-8388 Email: info@yume-souzoku.co.jp
Copyright(c) 株式会社 夢相続 All Rights Reserved.
Supported by ホームページリニューアルセンター