土地有効利用・土地活用でアパート経営、賃貸マンション経営。土地相続の無料相談。
有効利用実例 建築現場レポート
コンサルタントに頼むメリット
取り組みスキーム
有効利用Q&A
市場調査は個人でも出来るのか?
アパートの仲介手数料についての疑問
アパート裏の土砂崩れの責任は?
有効利用用語集
   あ行
   か行
   さ行
   た行
   な行
   は行
   ま行
   や行
   ら行
   わ行

特定商取引法に基づく表示
HOME > マンションQ&A > 賃借人がペットを無断で飼育している
賃借人がペットを無断で飼育している

【質問】

ペット飼育を禁止しているアパートで
賃借人が無断でペットの飼育をしていました。

この場合どのような請求をする事ができるのでしょうか?


【回答】

ペットは人間にとって非常に重要なパートナーです。

近年ペット飼育を認めるアパートが増えてきてはいますが、
まだまだペットの飼育を禁止しているアパートが多いのが実情です。

犬猫等のペットを室内で飼育すると、部屋を汚したり、
臭いが染みついたりするだけでなく、衛生面及び隣室の住人が
鳴き声で悩まされるといった問題点があります。

そして、このような事を防ぐためにも賃貸借契約書の中に
「ペット類の飼育をしてはならない」という特約を
定めているケースも多く見受けられます。

この特約に反し、賃借人がペットを飼育していた場合、
賃貸人は賃借人との賃貸契約を解除する事ができます。

また、ペットの飼育を禁止する特約がない場合でも、
賃借人には借家の性質によって定まる使用方法に従い、
借家を使用するという義務があります。

そしてペットを飼育した事により被害が発生した場合には、
賃貸人はペットの飼育をやめるように申し入れる事ができ、
賃借人が飼育を続け結果信頼関係が破壊された時は、
賃貸人は賃貸借契約を解除することができます。





ページトップへ
HOME > マンションQ&A > 賃借人がペットを無断で飼育している


株式会社 夢相続HPへ
関連サイト  | 株式会社 夢相続夢相続ブログ
株式会社 夢相続
〒103-0028 東京都中央区八重洲1-5-3 不二ビル5F
TEL: 03-5255-3388 FAX: 03-5255-8388 Email: info@yume-souzoku.co.jp
Copyright(c) 株式会社 夢相続 All Rights Reserved.
Supported by ホームページリニューアルセンター